瀬戸内海に浮かぶ尾道市の離島「百島」をフィールドに、初心者でも参加できるカヤック体験やサンセットクルーズ・海ほたるナイトクルーズなどを行っています。初心者でも楽しめる穏やかな瀬戸内海でカヤック体験をお楽しみください。

百島カヤッククラブ

ウミホタル ブログ 海ほたるナイトクルーズ

海ほたるナイトクルーズ受付開始

投稿日:

海ほたるの発光

なぜ発光するのか?など、まだまだ解明されていないことが多い海ほたる。

例年は5月頃から発光が始まり、11月初旬辺りまで見られるのですが、
今年は水温の上昇が遅く、6月の後半になってようやく発光が確認出来ました。

なんのための発光かはわかっていませんが、海ほたるが海中を泳ぎ回るのは、海水温が20度以上になったくらいからです。

海水温が低いときには砂の中に潜っているのか、水深の深い海中にいるのかなども不明です。

 

海ほたるナイトクルーズ

海ほたるの生態はさておき、今年もようやく光出しましたので、海ほたるナイトクルーズの受付を開始いたします。

出発は日没の1時間前です。
日によって時間が変わりますのでご注意くださいね。

暗くなってからでは、初心者の方のレクチャーが出来ないので、明るいうちに漕ぎなれてもらうためです。
たいていの方は15分くらいで漕げるようになりますが、うまく漕げるようになるまで1時間ほどかかる方もいます。
漕ぎ方になれていただきながら沈んでいく夕陽を眺めて漂います。

その後、暗くなるまでは砂浜で休憩です。
徐々に変化していく空と海の様子を眺め、ゆったりとした時間を過ごします。

あたりが暗くなって来ると、海ほたるが光りだします。
最初はなれていないので、光っていることがわかりにくいのですが、真っ暗になり、目が慣れてくると沢山の光が確認できるようになってきます。

海ほたるの発光を見たあとは星空を眺めながら帰島します。

約3時間のクルーズです。

 

宿泊

今の時期は日没時間が遅いので、百島での宿泊が必要になります。

そのために以前は宿泊施設も準備していたのですが、現在当方所有の宿泊施設はなく、
宿泊パックで利用できるのはキャンプサイトとテントになります。

他の有料宿泊施設としては、島の北西部にCiela と、その姉妹施設の Viena があります。
島の中央部にはヒトツルいう宿泊施設があります。

それぞれ各サイトより直接お申し込みください。

ヒトツルの予約はこちらから

海上タクシー

宿泊せずに、海ほたるナイトクルーズ終了後に島を出るには海上タクシーの手配が必要になります。

常石港までは5000円

尾道までは10000円ほどかかります。

1~10名までの料金ですので、人数が多ければ割安になります。

詳しくは新源丸にお問い合わせください。

海上タクシーの新源丸

 

水温・気温にもよりますが、11月中旬ごろまでのクルーズです。
百島のカヤック体験の中でもおすすめのツアーです。

-ウミホタル, ブログ, 海ほたるナイトクルーズ
-, , , ,

Copyright© 百島カヤッククラブ , 2021 AllRights Reserved Powered by micata2.